« 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ | トップページ | きっとお金がある人がやるんだろうな、このサービス。 »

2017/07/25

時間外労働の上限規制の方針を拝見しました

東商の新聞で、時間外労働の上限規制の方針というのを拝見しました。
4つあって、

・年720時間(月平均60時間)
・2ヶ月または6ヶ月平均で80時間以内などの制限
・勤務間インターバルの努力義務
・車の運転などの業務は別扱い

だそうです。

働き方改革という名のもと、こうした時間外労働を制限していこうとすることは健康を害さないという意味ではとても有意義なことだと思います。

が、一方で、人材不足は待ったなしの状況になっていて、労働時間を減らせば、人が必要になるわけですが、その手当はつかないということになりえますね。

これはなかなか難しい問題です。両輪で検討しなければならない事項がたくさんあるように思います。単純に時間外労働を減らせばいいといことではなさそうですよね。収入も減る可能性があるから、このあたりもどうすればいいのかとも思うし。

社会全体として仕組みを変えなければならないところに来ているのかもしれません。

« 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ | トップページ | きっとお金がある人がやるんだろうな、このサービス。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65533192

この記事へのトラックバック一覧です: 時間外労働の上限規制の方針を拝見しました:

« 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ | トップページ | きっとお金がある人がやるんだろうな、このサービス。 »

最近のトラックバック