« 結婚20周年 | トップページ | アウトドアブームなんですか? »

2017/07/06

中小企業診断士は補助金取得のためだけのツールなのか

中小企業診断士の大元をたどると、中小企業に向けた経済政策に基づいた各種支援策を世の中小企業に広める手伝いをするというもののようであるが、今はだいぶ違っていると思う。

公的機関なども中小企業診断士は経営に関する専門的知識を持っている専門家として任用しているし、実際、経営コンサルタントの唯一の国家資格という触れ込みに変わってももいる。

が、まだまだ、他の士業に比べると認知度は低いし、どんな仕事をしているかわからないと言われることも多い。頑張らなければいけない。と思っているところへ、表題のような感じを受ける対応を受けた。

補助金・助成金を集める人

という感じの対応だった。残念である。

しかし一般の人たちにとって、中小企業の方々にとって、そういう風に見えるとしたら、それはこちら側の努力も足りないのだろうと思う。頑張らなければ。

« 結婚20周年 | トップページ | アウトドアブームなんですか? »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65358837

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士は補助金取得のためだけのツールなのか:

« 結婚20周年 | トップページ | アウトドアブームなんですか? »

最近のトラックバック