« ALSOKの靴とタグのセット。とりあえず、出かけたかどうかがわかる | トップページ | オーダーメイドの手帳は、手帳の市場を変貌させるのか »

2017/06/29

定額制SIは根付くのか?値下げ合戦になって、運送業界のようにならないのか?

日経システムズという雑誌で、定額制SIが軌道に乗り始めたという記事を読んだ。
月額39万円で業務システムを開発してくれるというサービスである。
どうも、kintoneを利用するようである。

1回2時間で対面式でアプリ開発をするのを月に3回実施するそうである。
これを効率的にやるためには、

1.発注側が要求をまとめて待っていなければならない
2.システム開発側はその要求をその場で理解して効率的に開発しなければならない

ことになろう。

1での課題は、

1-1.発注側がちゃんと要求をまとめておけるのか
1-2.実現不可能な要求を考えてしまうリスクを発注側が負えるのか

などがあろう。特に、1-2の方は発注側がIT素人だとリスクが高い。要求を伝えてみたものの、「それは技術的にできない」とか、「2時間では解決できない」とか言われる可能性がある。となると、「これ、だめじゃん」となるだろう。

2での課題は、

2-1.要求を理解できる素養を持ったSEをアサインできるのか
2-2.技術的に可能なのに、不可能と答えてしまう可能性はないのか
2-3.2時間内に答えを出せない可能性はないのか

などがあるかと思う。SEのスキルと質ということになるわけだろうが、それをどう担保して、発注側の満足度を上げるのかというのが難しそうだ。

契約としては、準委任契約なのだろうが、今後の民法改正でこの契約形態もどうなるのか、不安ではある。

« ALSOKの靴とタグのセット。とりあえず、出かけたかどうかがわかる | トップページ | オーダーメイドの手帳は、手帳の市場を変貌させるのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65394825

この記事へのトラックバック一覧です: 定額制SIは根付くのか?値下げ合戦になって、運送業界のようにならないのか?:

« ALSOKの靴とタグのセット。とりあえず、出かけたかどうかがわかる | トップページ | オーダーメイドの手帳は、手帳の市場を変貌させるのか »

最近のトラックバック