« 要求定義、研修講師のリピート発注はありがたいものです | トップページ | 確かに、レベルは低いような気がするが、論理的かどうかは少々疑わしい »

2017/06/14

たまには宣伝。ってここで宣伝しても効果がないような気もしますけど笑

中小企業診断士がやる仕事は、本業としては「経営コンサルティング」だろうとは思います。ただ、MBAを持っている人がプロの経営者としていろいろな企業を経営する--株主は他にいるとしても--というケースはありますよね。

だから、中小企業診断士だって「実業」をやってもいいですよね。論理的でない気もするが笑。

中小企業診断士の資格を持っているけど、経営コンサルティング的仕事はせず、実業だけをやっていますという人もいますから、珍しいことではないようにも思います。

それはさておき、当社も「文房具の企画販売」事業をやっておりまして、その事業が現在、どうなっているのかを含め、ここまでの歴史をざっくり振り返っておきます笑

2009年ごろ、今、自分でも使っているスライド手帳の販売をネットで細々始めました。その後、3年ほどはまともにやることもなく、そのままネットだけでやっておりました。

転機は、2012年の冬。「Beahouse」を展開している阿部氏に出会い、それから本格的にやってみようと思い立ちました。2013年夏のISOT(文具の展示会)に初出店。スライド手帳だけで殴りこみです笑

すっかり空振りに終わったISOTでしたが、お金はなかなかにかかりましたし、これでは終われないという悔しさのようなものもありました。そこで、更に本格的にやるため、問屋さんとの取引を始めたり、小売店を開拓する動きをしてみたりしたのもこの時期からです。

そして、2016年夏の展示会では「日本文具大賞 デザイン部門 グランプリ」を飾り原稿用紙 碧翡翠(あおひすい)で頂戴しました。売上はがっと一瞬上がったものの、まだまだこれからだと言う感じがします。

とはいっても、2009年に始めたころに比べれば、確実に売上は上がっています。手帳は10年続けないと一人前じゃないと聞いたこともあり、あと2~3年はしっかりと続けないとなと思ったりもしております。

って、歴史の話でほとんど宣伝にはなっていませんが、これからもがんばろうという宣言です笑

« 要求定義、研修講師のリピート発注はありがたいものです | トップページ | 確かに、レベルは低いような気がするが、論理的かどうかは少々疑わしい »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65330100

この記事へのトラックバック一覧です: たまには宣伝。ってここで宣伝しても効果がないような気もしますけど笑:

« 要求定義、研修講師のリピート発注はありがたいものです | トップページ | 確かに、レベルは低いような気がするが、論理的かどうかは少々疑わしい »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ