« 批判を覚悟で、今日は苦言。乗っ取られたのはなぜかと、考えてください | トップページ | 函館旅行記(1) : ラッキーピエロ »

2017/06/19

瑕疵担保責任はどこまでの期間、有効なのか。納品から3年も経っていてもいいのか。

知り合いが納品から三年も経っている商品で「瑕疵が見つかったから買い取れ」という不当な言いがかりをつけられているという話を聞きました。ちょっとひどいなぁと思いまして、少しネットで調べてみました。
私は法律の専門家ではありませんので、このあたりの本当のところはどこなのかというのはわかりませんが、少なくとも感覚的に不当だと思うことが、ネットで調べたものでも裏付けられたということをお知らせしたいと思います。

民法の規定では、一般消費者は事業者よりも弱い立場だし、情報も少ないし、スキルもないから、瑕疵を見つけてから1年以内でいえばよいということになっているようです。まあ、こちらは仕方ないのかなという感じもしますが、それでもなお、3年前に買ったプラモデルを窓際において置いたら、「形状が変化していた!これは瑕疵だ」とか言われるのはどうなのかなぁとは思います。

一方、商法では、買い取った方が検査する義務が生じるようで、その検査に合格してから6カ月以内に瑕疵を言わなければ、そのあとは売主の責任はなくなるようです。

(以上、J-Net21 契約書の読み方(4) 瑕疵担保とはから)

こうしてみると、先の3年経った商品についてクレームを付けられるというのは、瑕疵担保責任は問われないということになりそうです。3年倉庫にしまっていたものを出してきて、「あ!壊れてる!」とか言われても、正直、困りますよね。実際には、「それ、売ろうとしないからデッドストックになったんでしょ?それをこっちにいちゃもんつけて返品しようとしているんだよね。受け入れられない」という気持ちにもなります。

かといって、中小企業の場合、上からのこういう話を受け入れがち。取引がなくなると会社がつぶれてしまうという憂き目にあいますから、今回は、、、などと受け入れてしまう。難しいところです。上の方の会社がちゃんとしていないとこういうことが起こりますね。

商売は三方よしなどと言われますが、ずるいことをしようとする奴らはいるものですね。困ったことです。

« 批判を覚悟で、今日は苦言。乗っ取られたのはなぜかと、考えてください | トップページ | 函館旅行記(1) : ラッキーピエロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65342299

この記事へのトラックバック一覧です: 瑕疵担保責任はどこまでの期間、有効なのか。納品から3年も経っていてもいいのか。:

« 批判を覚悟で、今日は苦言。乗っ取られたのはなぜかと、考えてください | トップページ | 函館旅行記(1) : ラッキーピエロ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ