« 戦略転換のスピードが中小企業共通の強み | トップページ | 簡単に作れるのはいいことではあるが、それはその内容を理解している場合であろう »

2017/05/29

弱者には弱者の戦略がある。リーダーと同じ戦略をとってはいけない

中小企業はリーダー戦略をとるのは難しい。なぜなら、資金力がないからである。弱者には弱者の戦い方があるはずであろう。
先般、ある中小企業が「世界観を出すためには、幅を広げなければならない」という展開をしていた。いやいや、それはリーダーの戦略じゃない?

世界観を出すために、幅を広げなければならないというのは、正しいと思う。でも、世界観を出すための方法はそれだけじゃないだろう。SKUを闇雲に増やしたところで、世界観は出せるかもしれないが、在庫増と資金繰りに苦しんで、世界観に押しつぶされてしまうのではないか?

弱者は弱者なりの世界観の出し方を考えたらいいと思う。場合によっては、世界観なんて後から造られるものと考えて、少しずつ世界観を構築していけばいいのではないか。世界観が売上や事業を作ってくれるわけじゃないケースもあるだろう。

うちの製品は世界観があるかな。ないかもな。いや、ないな。
ただ、飾り原稿用紙に限っていえば、世界観ができてきたような気もする。
ゆっくり作ればいいのではないか、世界観。

« 戦略転換のスピードが中小企業共通の強み | トップページ | 簡単に作れるのはいいことではあるが、それはその内容を理解している場合であろう »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65269571

この記事へのトラックバック一覧です: 弱者には弱者の戦略がある。リーダーと同じ戦略をとってはいけない:

« 戦略転換のスピードが中小企業共通の強み | トップページ | 簡単に作れるのはいいことではあるが、それはその内容を理解している場合であろう »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ