« 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。 | トップページ | いろいろなアイデアで人材不足を解消しようとしている大手の話 »

2017/04/12

縮小均衡に陥りがちだけど、違う方向を目指したい

ヤマト運輸の故小倉氏の話を新聞で読んだ。
ピンチになっているバス路線の人たちに対して、

乗客がいない→バスの本数を減らしてコスト削減→利益を獲得

という流れはダメだと。本数を減らすから不便になって、余計に乗客がいなくなるという方向に向かうと。
なるほど、そういう考え方もある。

企業経営も同じじゃないか?

顧客が減る→売上が下がる→縮小均衡を狙う→さらに顧客が減る、、、

という負のスパイラル。
バスの本数を減らすのではなく、バスの本数は増やしながら、別の工夫を入れる。
必ず同じ時間に走らせなさいという助言だったそうである。

企業経営でも、そうなんじゃないか。
顧客が減ったら、サービスや商品在庫を減らすという方向ではなく、顧客に商品などをよりアピールするようにがんばって、顧客に戻ってきてもらうような作戦。

これは肝に銘じたい。

« 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。 | トップページ | いろいろなアイデアで人材不足を解消しようとしている大手の話 »

中小企業経営」カテゴリの記事

最近のトラックバック