« 本当に必要な仕事ってなんだろう。ちょっと哲学的。 | トップページ | 縮小均衡に陥りがちだけど、違う方向を目指したい »

2017/04/11

自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。

風邪や病気の話ではありませんが、実は同じだと思います。

企業経営で、「ちょっと売上が下がってきてやばそうだな」というところで、経営相談はされた方が良いです。もちろん、確実に復活できるということがわかっているのであれば、問題ないわけですが、不透明な場合には早めに手を打ったほうが良いです。

にっちもさっちもいかなくなってから、相談に来ていただくと、まさににっちもさっちもいかない状況ですから、打つ手が限られてしまいます。余裕があれば、打つ手に選択肢があるし、打つ手の効果を見ながら進められるわけです。場合によってはにっちもさっちもいかないから、打つ手が何一つないという状況になることも考えられます。

がんの早期発見は、治療の選択肢をたくさん持つためだと思います。もちろん、生存率が高まることは間違いないのでしょう。ステージ4でしたか、最終段階まで来てしまうと、打つ手がないことも考えられます。

打つ手が打てる時期に経営相談に来てください。

« 本当に必要な仕事ってなんだろう。ちょっと哲学的。 | トップページ | 縮小均衡に陥りがちだけど、違う方向を目指したい »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65059742

この記事へのトラックバック一覧です: 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。:

« 本当に必要な仕事ってなんだろう。ちょっと哲学的。 | トップページ | 縮小均衡に陥りがちだけど、違う方向を目指したい »

最近のトラックバック