« 情報処理学会のイベントに参加してきました(ちょっと前ですが) | トップページ | 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。 »

2017/04/10

本当に必要な仕事ってなんだろう。ちょっと哲学的。

「顧客にとって価値がある」ことに繋がる仕事が「本当に必要な仕事」と定義したとする。
こうすると、いわゆる事務作業などは本当に必要な仕事からは外れてしまう可能性がある。
たとえば、税務業務などは顧客には関係ないから、本当に必要な仕事にはならないのかもしれない。

まあ、税務業務をやらないと税法上の違反がおきて、自社がつぶれてしまう可能性が出てくるので、顧客のためにならないという考え方もあるだろうとは思うが、「君の会社がなくなったら他から買うから大丈夫」といわれてしまうとおしまいでもある笑

日本の生産性が低いのは、この「本当に必要な仕事」に重点を置いておらず、付加価値を生み出す作業への時間投入が相対的に少ないからともいわれる。

実際、そういう面があるだろうと思う。

IT企業などで「残業が多い」と言われている一方で、結構、無駄なことをしている人もいたりする。

・過去とまったく同じコードを書いているとか
・トラブル対応をきちんとやらないで同じトラブルが起こっているとか
・だらだらと仕事をしていて、実際には半分の時間で終わるとか
・自分のスキルを棚に上げて、スキルを磨かず、相対的に生産性が落ちていたりとか
・果てはネットサーフィンしているとか

多分、上げれば限がない。

「おまえ自身は同なんだ!」

というご指摘、甘んじて承ります。なぜなら、自分も生産性が悪いと思っているので。
ただ、少しずつですが、改善しようと努力はしておりますです。

« 情報処理学会のイベントに参加してきました(ちょっと前ですが) | トップページ | 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65059302

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に必要な仕事ってなんだろう。ちょっと哲学的。:

« 情報処理学会のイベントに参加してきました(ちょっと前ですが) | トップページ | 自覚症状が出たら、即刻、相談に行った方がいい。かなり痛い状態になってからだと治療できない。 »

最近のトラックバック