« パイが縮小している本の事業をCCCはどうしようとしているのだろうか | トップページ | 相対的貧困がもたらす、子供たちへの影響とその先の社会 »

2017/04/07

商品にもキラキラネームの波が来ているの?てか、キャッチコピーと同じなのか

子ども達にちょっと読めないよ、これという名前をつけるキラキラネーム。
どうも、商品の方にも来ているらしいです。
私が新聞で見たのは、「清酒」。
キラキラネームとは程遠い業種のような気がします笑

若い人にも親しみを持ってもらうための作戦とのことですが、私はおじさんそのもので、そういうのが受け入れにくい笑
清酒の名前は漢字が良いなぁ。

うちの原稿用紙の名前は、全て漢字三文字。

黒雷光、波抹茶、桃雲流、蔓葡萄、港煉瓦、碧翡翠、金鶯錯

でもどれもキラキラネームではありません。ちゃんと読み方に沿ってます。
茶をティーとか読ませません。

でも、「これ、なんて読むの?」という風にはできる。
わざわざ、海風土をシーフードなどと読ませる必要はないと私は思います。
まあ、工夫の一つとして認めたいと思います。

« パイが縮小している本の事業をCCCはどうしようとしているのだろうか | トップページ | 相対的貧困がもたらす、子供たちへの影響とその先の社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック