« 満員電車、ゼロに向けての試みを新聞記事で読んだ | トップページ | 色の商標、第一号はMONOとセブンイレブンだそうです。 »

2017/03/19

名古屋にある万年筆の三光堂さんにうかがいました

名古屋ドームに行く駅が最寄り駅の「万年筆の三光堂」さんにうかがいました。
うちの商品である「飾り原稿用紙」「ふたふで箋」を扱っていただいております。

オリジナルインクあり、高級万年筆あり。
一方で学習用の文房具もあり、町の文具店の役割も果たしておられました。

店主さんらとお話しさせていただき、とても楽しい時間を過ごしました。
最も面白い話だったのは、「Sheen」というものです。
日本語に訳すと「輝く」というような意味です。

なにかというと、ラメも入っていないのに、インクが金色に反射して見えるというものです。
上海からきた方が三光堂さんのオリジナルインク「大須レッド」が金色に見える!ととっても感動して帰ったそうです。
そのあと、アメリカからきた方も同じことをおっしゃったそうです。
おもしろいですねえ。

万年筆好きの方に聞いたら、他にもそういう色に見えるものがあるそうです。

私はこれを聞いて思ったのが、「そういえば、昔、赤チンってあったよなぁ。あれ、確かに反射して金色に見えたなあ」などと(笑)

« 満員電車、ゼロに向けての試みを新聞記事で読んだ | トップページ | 色の商標、第一号はMONOとセブンイレブンだそうです。 »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65034277

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋にある万年筆の三光堂さんにうかがいました:

« 満員電車、ゼロに向けての試みを新聞記事で読んだ | トップページ | 色の商標、第一号はMONOとセブンイレブンだそうです。 »

最近のトラックバック