« たま工業交流展という展示会を見てきた | トップページ | ごく個人的なことですが、子どもたちが受験に何とか通りました »

2017/03/12

ル・カルネ、4万5千円の手帳。

超高級品!びっくりする値段です。
能率手帳ゴールドだって、4500円なのに!その10倍の値段。
紙にこだわりがあるようですね。
ペーパーデザイナーさんが作られたそうです。

確かに、デザインなどはとても格好良い。
カバーが180度開けて、そのカバーにマグネットでノートを貼り付けるというもの。

紙には透かしが一枚一枚入っているそうです。
紙は麻でできたものらしく、世界で最も軽いんだそうです。

また、紙に工夫がしてあって、スマホで印刷すると検索もできるようになるそうです。

とここまではいいんだけど。。。


ネット上で情報をいろいろ見ようと思ったのだが、公式サイト見つからない(日本語の)。
なんでだろうか。私の探し方が悪いのかな。
で、出てくるのは、なんだかセレブのような人たちのブログとかだけ笑

動画などもアップされているが、それらは手帳がメインというよりは、「この手帳を触っている私、格好いいでしょ?」という雰囲気のものばかり。

私が知りたいのはそんなことじゃない。

マグネットでくっつくリフィルの開き具合はどうなっているのか?
いくらカバーが180度開いても、中のリフィルの開きが悪かったら書きにくいでしょ。

紙の書き心地はいいのですか?
どんなペンでも受け入れるようなものなのか、それとも万年筆などに特化しているのか。
裏写りしないということのようだが、どの程度、裏写りしないのか。

見た目だけはいいけど、ぜんぜん走らない車とか、イケメンだけど、コミュニケーションがまったく取れないとかそういうのじゃないことを祈りたい。

« たま工業交流展という展示会を見てきた | トップページ | ごく個人的なことですが、子どもたちが受験に何とか通りました »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64933397

この記事へのトラックバック一覧です: ル・カルネ、4万5千円の手帳。:

« たま工業交流展という展示会を見てきた | トップページ | ごく個人的なことですが、子どもたちが受験に何とか通りました »

最近のトラックバック