« 「ちょい」という言葉で「お試し需要」をうまくつかむ | トップページ | 正直、難しい。仮説と思いこみ、差はどこにあるのか »

2017/02/16

2016年度の2次試験合格者は842名だったそうです

中小企業診断協会が発行する企業診断ニュースの2017年2月号によると、昨年の2次試験の合格者発表が1月にあり、その合格者数は

842名

だったそうです。

受験者数が4,394名だそうですから、合格率は19.16%でした。

大体、例年、20%前後で推移している合格率ですから、正直、それなりに足切りがあったり、底上げがあったりするのかと思いますが、いずれにしても合格した皆さん、おめでとうございます。

さて、この後、合格者の方々はどうされるのでしょうか。
独立開業を目指す方もいれば、今まで通り、会社で過ごす方もいれば、社内でのご自身の価値向上に使う方もいらっしゃるかもしれませんね。
どれもいいと思います。

独立開業は、自分の好きなことをできる一方、時間の制約はなくなってしまいますから、激務になる可能性が十分にあります。お金にも困るかもしれません。ま、そういうことです(笑)

« 「ちょい」という言葉で「お試し需要」をうまくつかむ | トップページ | 正直、難しい。仮説と思いこみ、差はどこにあるのか »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64848554

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度の2次試験合格者は842名だったそうです:

« 「ちょい」という言葉で「お試し需要」をうまくつかむ | トップページ | 正直、難しい。仮説と思いこみ、差はどこにあるのか »

最近のトラックバック