« フェイクニュースサイトに広告が表示されることは避けたい | トップページ | 商標の意味は、産業振興に寄与すること »

2017/02/23

0.3ミリのシャープペンシルなど、0.5を超えられるのか

細かな字を書きたいという欲求は、特に小さな手帳を使っているユーザーさんにはあると思います。
水性ボールペンも、0.5以下のものが多く、0.25や0.28といった商品も見られますよね。

シャープペンシルは0.5が主流でしょうが、最近はデルガード、オレンズなどでは0.3ミリを出していますね。

いろいろな機構で、0.3ミリでも折れないようにしているわけですね。
だけど、0.3ミリのシャーペンの芯って、なかなか売っていないんですよね。
これは、0.7とか、0.9とかも同じ状況かなと。

0.5はどこでも買えますからね。
この辺の状況が変わらないと、難しい気がします。

以前、私も0.3を使っていましたが、やはり芯がないということと、あまり0.3と0.5の違いが分からなかった。。。

今は、結構古いシャープペンシルを引き出しから取り出してきて、0.5で使っています。
本体の長さも良くて、しばらくこれを使いそうです。

« フェイクニュースサイトに広告が表示されることは避けたい | トップページ | 商標の意味は、産業振興に寄与すること »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64875017

この記事へのトラックバック一覧です: 0.3ミリのシャープペンシルなど、0.5を超えられるのか:

« フェイクニュースサイトに広告が表示されることは避けたい | トップページ | 商標の意味は、産業振興に寄与すること »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ