« 日本でもダッシュボタン、始まりましたね | トップページ | シャープペンシルの芯が折れない戦争 »

2016/12/24

依存体質はつけが高い

日経コンピュータなどでよく取り上げられる「ベンダーロックイン」。
いわゆるIT開発業者に対して依存してしまい、向こうの言いなりにならざるを得ない状況のことを指す。

先般、日経コンピュータの記事に「マルチベンダーならベンダーロックインにならないというのは幻だ」的なものがあった。
確かにそうだ。

ロックインというのは結局は依存度の問題だからである。

この依存度が上がると、結局は向こうの言いなりになる。
中身が分からなくなったりして、どこをどうしたらいいのかはまったく分からなくなるからである。
結果、コストが上がることになり、この体質になるとつけが高くなってくる。

これはITにだけいえることではない。
他の取引についても同じことがいえる。

ある特定の企業や担当者に依存すれば、それは取替えがきかなくなる可能性がある。
そうなれば、同じロックインだ。
これは避けたい。

複数の企業、取引先と類似の取引を行うことは前提である。
ブラックボックス化を避けることが一番大切である。

さて、私の会社にはロックインされているところがあるだろか。

« 日本でもダッシュボタン、始まりましたね | トップページ | シャープペンシルの芯が折れない戦争 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64541286

この記事へのトラックバック一覧です: 依存体質はつけが高い:

« 日本でもダッシュボタン、始まりましたね | トップページ | シャープペンシルの芯が折れない戦争 »

最近のトラックバック