« トイレとIoT | トップページ | スマートウォッチならではの利用法 »

2016/12/15

サブスクリプションモデルはどんな業態でもいけるのか

音楽のインターネット配信などでは、サブスクリプションモデル--いわゆる定額モデル--がどんどん出てきている。
動画などもそうだろう。
このサブスクリプションモデルは他の業態でもいけるのだろうか。

たとえば、銭湯。
月額1万円払えば、月内は入り放題。

たとえば、レンタカー。
月額3万円で好きな車に、30時間乗り放題。

たとえば、飲食店。
定期券を買えば、毎日うどんを1敗食べられる。

たとえば、電車。ってこれは定期が元々あるか笑

たとえば、マッサージ店。
月額2万円で、毎日30分マッサージしてくれる。

それぞれの業態でできるサブスクリプションモデルが考えられれば、固定客を増やせる可能性がある。
が、問題は収益がきちんと上がるのかどうかだ。
コストを考え、収益が上がる方法をきちんと設計するのが大切だろう。

« トイレとIoT | トップページ | スマートウォッチならではの利用法 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64509596

この記事へのトラックバック一覧です: サブスクリプションモデルはどんな業態でもいけるのか:

« トイレとIoT | トップページ | スマートウォッチならではの利用法 »

最近のトラックバック