« イオンモールで学習する学生たち | トップページ | 依存体質はつけが高い »

2016/12/23

日本でもダッシュボタン、始まりましたね

アマゾンがアメリカなどではじめていたアマゾンダッシュボタン。
日本でもサービスが始まりました。
以前、このブログでも気楽に取り上げました。

さて、どのくらい普及するのでしょうか。
その辺のことは私には分かりませんので、中小企業への影響を勝手な視点から考えます。

ダッシュボタンが有効そうなのは、まさにリピート製品。
洗剤とか、石鹸とか、シャンプーとか、調味料、いつも飲んでいる清涼飲料水など。。。

中小企業がこのダッシュボタンを採用できるのか?と考えるとどうでしょうか。
どのくらいコストがかかるのかによるのかなと思いますが、もしこの仕組みに大きなコストがかかるなら、中小企業の参入は難しいということになりますかね。
大体、どのくらいの頻度での発注を受けられる商品ならそのコストに見合うかを知りたいです。

うちの商品のように、年に1回しか買わないような手帳なんてのは、きっと見合わないでしょうし、消費者側もダッシュボタンを用意しないだろうことはすぐわかります。

牛乳なんてどうだろうか。
うちは、週に3~4本は消費している。
こういうのは合うのかもしれない。
うちの場合は、ボタンを押したら2本届けて欲しい笑

ダッシュボタンのコストがわかれば、中小企業としての対応も考えられるけど、基本、大手だけがやっているみたいなので、難しいのかもしれません。
プログラマブルなダッシュボタンもあるようなので、そういうのを配るという中小企業はありうるかもしれません。

« イオンモールで学習する学生たち | トップページ | 依存体質はつけが高い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64601796

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でもダッシュボタン、始まりましたね:

« イオンモールで学習する学生たち | トップページ | 依存体質はつけが高い »

最近のトラックバック