« サブスクリプションモデルはどんな業態でもいけるのか | トップページ | 年賀状で販売促進はできるか »

2016/12/16

スマートウォッチならではの利用法

単にスマホが小さくなって腕時計型になったというものでは、スマートウォッチは広がらないだろう。
スマートウォッチならではの機能、利用法がなければ、広がらない。
アップルウォッチに決済機能がついたそうだが、腕からはずすと使えなくなるという仕組みになっているらしい。

こういうのが必要だろう。

安全性も高いし--腕が切り取られたりしない限りwww--、腕時計は習慣化している人は常につけるだろうから。
私は腕時計を使わないので、どうしたものか。

腕時計ではない形のウェアラブルはないものか。
懐中時計型のスマートウォッチか?
スマートリング(指輪)か?
めがねだってスマート化しそうだ。
ズボンのベルトとか、アンクレットでもいいかも笑

普段身に着けるものがスマート化すれば、腕時計である必要はない。

« サブスクリプションモデルはどんな業態でもいけるのか | トップページ | 年賀状で販売促進はできるか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64572056

この記事へのトラックバック一覧です: スマートウォッチならではの利用法:

« サブスクリプションモデルはどんな業態でもいけるのか | トップページ | 年賀状で販売促進はできるか »

最近のトラックバック