« 多機能ペンにはシャープペンシルを入れないでもらえないか笑 | トップページ | 今日から始まった高田明氏のコラム »

2016/12/01

いつから飲食店は定休日がない業種になったのだろうか

定休日のない飲食店は非常に多いと思う。
定休日、あってもいいのではないかと思うのだが、それではやっていけないのか。
人手不足である今、まさに定休日を再検討してもいいのではないだろうか。

小さなお店には定休日があるケースもあると思うが、チェーン店では少ない。
ましてや24時間営業になっていることも多い。
業績をあげようとするあまり長期的視点に立っていないような気もする。

定休日を作ることでの最大のデメリットは、
売上が上がらないこと
なんだろうと思う。

できれば、6日間営業すれば、十分に売上と利益が上がることが理想。
それができない時代なのか。

« 多機能ペンにはシャープペンシルを入れないでもらえないか笑 | トップページ | 今日から始まった高田明氏のコラム »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64509570

この記事へのトラックバック一覧です: いつから飲食店は定休日がない業種になったのだろうか:

« 多機能ペンにはシャープペンシルを入れないでもらえないか笑 | トップページ | 今日から始まった高田明氏のコラム »

最近のトラックバック