« 鬼平犯科帳のテレビドラマシリーズ完結 | トップページ | ADSLも、問題だな »

2016/12/19

補助金コンサルタントに依頼すれば安心だ

なんてことは絶対にないです。
小規模事業者持続化補助金やものづくり補助金などが国から出ています。
この補助金を取得することを目指して、補助金専門のコンサルタントに書類作成を依頼して、これでもう出るだろうと高を括っている経営者がいるやにうかがいます。
そんなことはないと思いますよ。

第一に、補助金はそんなに簡単に出るものではないという認識を持っていますか?
ものによっては採択率は3割を下回ります。もちろん、申請書類の中にはこれでは事業の内容が全く分からないとか、補助金のそもそも対象じゃないというようなものも含まれているやに聞きますから、まじめに書けば3割にきちんと入る可能性は高いでしょう。
が、それでも打率は低いものと考えた方がいい。

いやいや、だから補助金コンサルタントに頼むんでしょ

という意見。もっともです。でも、申請が通った後はご自身がその事業をするんですよね?
申請書類に書いてある事業をきちんと実行していけるという保証はありますか?

つまり、第二の問題は、申請書類の中身をきちんと経営者が理解しているかどうかということです。
申請書類を完全に丸投げして、補助金が出ればそれでいいという考えの方がいるのは残念です。
実際、通ってもその先は真っ暗です。

任せてはダメなんです。
きちんとその補助金を使う事業が進むかどうかの担保を経営者が持たなければならないのです。
補助金コンサルタントとひざを突き合わせて話しましたか?
ものの30分程度話して、「あとはやっておきますから」とかいうやり取りではありませんか?

最後に質問です。

そのやろうとしている事業は、もし補助金が出なかったとして、続けますか?

この質問の答えが「NO」なら、補助金は考え直した方がいいと思います。

« 鬼平犯科帳のテレビドラマシリーズ完結 | トップページ | ADSLも、問題だな »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64644477

この記事へのトラックバック一覧です: 補助金コンサルタントに依頼すれば安心だ:

« 鬼平犯科帳のテレビドラマシリーズ完結 | トップページ | ADSLも、問題だな »

最近のトラックバック