« 下請法違反が増えているとのこと、なぜか。 | トップページ | ランサムウェアにやられないために、この設定はやっておこう »

2016/12/11

電子帳簿保存法の改定というか、ゆるくなった件

電子的に領収証などを保存しておける電子帳簿保存法。
以前は、電子署名をつけたり、タイムスタンプをつけたりする必要があったが、これも必要なくなった。
うーん、タイムスタンプサービスを提供していた企業は仕事がなくなったな笑

2017年1月からはスマホで領収証を撮影して、原本を捨ててもよいことになりそうだ。

が、あわててはいけない。
きちんとした手続きが要るようだ。

国税局へ申請が必要だったり、
書類が発行されてから3日以内に撮影しなければならなかったり、
経理担当者がきちんと確認しない限り原本を捨ててはいけなかったり

するらしい。

こうなると、まず体制を整えなければならない。
体制を整えないまま、やると法律違反になってしまう。

伝票類が少ない私のような零細企業では効果が少ないと思われるので、これまでの法律どおり、紙で保管するのが無難だろうと思ったりする。

« 下請法違反が増えているとのこと、なぜか。 | トップページ | ランサムウェアにやられないために、この設定はやっておこう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64541307

この記事へのトラックバック一覧です: 電子帳簿保存法の改定というか、ゆるくなった件:

« 下請法違反が増えているとのこと、なぜか。 | トップページ | ランサムウェアにやられないために、この設定はやっておこう »

最近のトラックバック