« ゆるきゃら、これだけいれば、淘汰されるよね | トップページ | ギャップがあると、プラスに働く場合があり、ないとマイナスになることがある »

2016/11/23

他の文具のように、ちゃんと用途をはっきりすることが必要だ

このブログを前々から読んでいる人は知っている通り、私は文具メーカーでもある。
しかし、マーケティングがうまくいっているかというとそうも言えない。
なぜなら、結果がすべてだからである。

文具だけで飯を食うことは今のところできない。
それは、マーケティングを失敗しているからであろう。

ポスカのマーケティング事例を読んだ。
「用途」を伝えることが大切。確かにそうだ。

飾り原稿用紙の用途をしっかり伝えているか?
スライド手帳がどういう問題を解決するか伝えているか?

そのつもりだが、伝え続けられていない、伝える相手が広がっていないのかもしれない。
まだまだ考え直すことがたくさんありそうだ。

« ゆるきゃら、これだけいれば、淘汰されるよね | トップページ | ギャップがあると、プラスに働く場合があり、ないとマイナスになることがある »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64473500

この記事へのトラックバック一覧です: 他の文具のように、ちゃんと用途をはっきりすることが必要だ:

« ゆるきゃら、これだけいれば、淘汰されるよね | トップページ | ギャップがあると、プラスに働く場合があり、ないとマイナスになることがある »

最近のトラックバック