« 花粉の飛散量予測、関西は悲惨、関東は少なめ | トップページ | レーズンバターサンドのベスト3(って、当方比較(笑) »

2016/10/19

情けない話ですが、人間失格、読めないです

太宰治の「人間失格」。
古本屋で目に付いたので買ってみた。
名作というか、有名な本をあまり読まないのだから、ときどきはとも思った。

過去、夏目漱石の「こころ」は読んだことがあったが、結構、きつかった。
谷崎潤一郎とか、三島由紀夫とか、川端康成とか、読んだ方がいいのかもしれないなとも思う。
が、手を出していない。

さて、手に取った人間失格だが、読み進められない。
とうとう、途中であきらめてしまった。

重い。
重すぎる。

よくライトノベルという分野が読まれているわけだが、それも判る気がする。
当方、ライトノベルと呼ばれる分野はそれほど読んでいないが--というおか多読ではありません--、中間くらいがいいのかもしれませんな。

人間失格は読みきれん。

« 花粉の飛散量予測、関西は悲惨、関東は少なめ | トップページ | レーズンバターサンドのベスト3(って、当方比較(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64311188

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない話ですが、人間失格、読めないです:

« 花粉の飛散量予測、関西は悲惨、関東は少なめ | トップページ | レーズンバターサンドのベスト3(って、当方比較(笑) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ