« Instagramの広告、すごい勢い | トップページ | 社会保険の制度が変わったそうですね »

2016/10/05

ネガティブ=ダメ、というステレオタイプ

ネガティブよりもポジティブの方が良いに決まっている
ネガティブはダメなものの代表である

というのは、本当でしょうか。

物事をネガティブにとらえ過ぎることは良くないこともあるかもしれません。
が、ポジティブにとらえ過ぎるとそれもまたよくないのではないでしょうか。

たとえば、ある商品の売上が目標に届かなかったとします。

ポジティブにとらえるなら、「目標が高すぎたけど、新製品の割には頑張った」ということになるでしょうか。
ネガティブにとらえるなら、「目標に到達しなかった。ダメだった」でしょうか。

改善が生まれるのは後者の方のように思います。
もちろん、ポジティブにとらえた後、「頑張ったけど、到達しなかった理由は何だろう」と考える必要があるでしょうね。

「目標に到達しなかった。俺はダメなやつだ!」

となると、ダメですね。これでは改善は見込めませんから。
ネガティブにも種類があるのではないですかね。

なんでも、ネガティブはダメ、ポジティブが良いとしていると、違う方向に行くこともあるんじゃないかと思ったりします。
難しいものです。

« Instagramの広告、すごい勢い | トップページ | 社会保険の制度が変わったそうですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64262212

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブ=ダメ、というステレオタイプ:

« Instagramの広告、すごい勢い | トップページ | 社会保険の制度が変わったそうですね »

最近のトラックバック