« 下請法が見直される可能性があるようです | トップページ | 「支度」という言葉が美しい気がして、最近使っている »

2016/10/24

ボブデュランとノーベル賞-ギャップがある

ノーベル文学賞にボブデュランが決まった後、いろいろあるみたいですね。

まず、ノーベル賞側からボブデュランに連絡がつかないということ。
そして、ノーベル賞の選考委員から「ボブデュランが無視を決め込んでいるのは無礼だ」という発言があったこと。

このブログを書いている時点では、ボブデュラン側からはなんの発表もないみたいです。

ここにはギャップがありますよね。

選考委員側には、
「ノーベル賞をもらえるのは世界の誰でもが喜ぶはずだという決め込み」
がありますよね。実際には要らないという人もいるのでしょうし。

そして、ボブデュラン側のことは、実際は全く分かりません。
なにせ、発表がないですしね。

予想されるのは、ボブデュランが
・単にへそを曲げているとか
・反骨精神で拒否しているとか
・そもそも興味がないとか
そんなものばかりです。

わかりません。

2016/10/29追記
ボブデュラン氏の談話があったみたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000003-jij_afp-int
外野がウダウダいうことではなかったです。
失礼しました。

« 下請法が見直される可能性があるようです | トップページ | 「支度」という言葉が美しい気がして、最近使っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64386903

この記事へのトラックバック一覧です: ボブデュランとノーベル賞-ギャップがある:

« 下請法が見直される可能性があるようです | トップページ | 「支度」という言葉が美しい気がして、最近使っている »

最近のトラックバック