« 「あきない世傳 金と銀」という小説 | トップページ | 手帳のイベント、10月1日、2日にやります »

2016/09/01

経営に適用するならアジャイルとウォーターフォール、どっち?

新たに店舗をやりたい!
という方は、アジャイル的にはじめることはなかなか難しいでしょう。
なぜなら、大きな投資がかかるからです。
ウォーターフォールの方がいい。

一方、何かすでに事業をやっていて、それが安定していて、
何か新事業を始めよう!
というときは、アジャイル的なほうがよい気がします。

新店舗が開いた後はアジャイルでもいいかもしれませんが、最初の開店はやはりウォーターフォールのように計画し、PDCAを回し、開店までWBSをしっかり作ってすすめる必要があるでしょう。

開店後は、何をしたら売上が上がるかを高速に回して、やっていった方がいいでしょうから、アジャイルが合いますね。

ここを履き違えちゃう人がいます。
思いついたことをはじめたくて仕方なくて相談に来て、「それって計画性あります?」という質問をすると、とにかくやりたいんだの一点張り。困ります。

やりたいことをやっちゃ駄目だとはいいません。
続けたいと思っているなら、そこは計画的に進めることが必要だろうと思いませんか。

« 「あきない世傳 金と銀」という小説 | トップページ | 手帳のイベント、10月1日、2日にやります »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64112914

この記事へのトラックバック一覧です: 経営に適用するならアジャイルとウォーターフォール、どっち?:

« 「あきない世傳 金と銀」という小説 | トップページ | 手帳のイベント、10月1日、2日にやります »

最近のトラックバック