« 団体に所属して、活動しないことは結果として自分に戻ってくる | トップページ | 企業としての口座開設が少し大変になっているそうです »

2016/08/18

銀行からお金が借りられるということは、一種の信用なのか

無借金経営。良い響きです。
誰の力も借りず、自分のお金だけで経営している。
悪いことではありません。
安定しているような感じもします。

しかし、そう見ない人もいます。

銀行からお金を借りていない=何時でも逃げられる

という風に解釈する人もいるのです。
ちょっと曲がった解釈のようにも思いますが、どうですかね。

銀行からお金を借りられるということは、一種の信用だと考える人もいます。
ある程度の審査を通っているわけですから、そうともいえるでしょう。
少なくとも、過去、お金で大きなトラブルを起こしたことがないとかいうことは保証されます。

ただ、逃げるか否かは別の話のような気もします。

とはいえ、そういう風に考える人もいるということを知っているのは、企業経営をする上で、一つの知識かもしれませんね。

« 団体に所属して、活動しないことは結果として自分に戻ってくる | トップページ | 企業としての口座開設が少し大変になっているそうです »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64047924

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行からお金が借りられるということは、一種の信用なのか:

« 団体に所属して、活動しないことは結果として自分に戻ってくる | トップページ | 企業としての口座開設が少し大変になっているそうです »

最近のトラックバック