« 銀行からお金が借りられるということは、一種の信用なのか | トップページ | 芯なしトイレットペーパーって、最後まで使えないよね »

2016/08/19

企業としての口座開設が少し大変になっているそうです

創業の際、お金を借りるとなると、企業としての銀行口座が必要になります。
当然ですね。
お金を借りなくても、銀行口座ぐらいはないと取引ができませんしね。

しかし、最近、この金融機関での口座開設に時間がかかるケースが見られるそうです。

いろいろ理由はあるようなのですが、

「反社会的勢力でないかどうかの確認」

に最も時間がかかるようです。
もちろん、そんなところとの関係は一切ないよ、ということもあろうかと思います。

がしかし、それを証明するすべはなかなかない。
結果、口座を開設する金融機関にそのあたりはゆだねることになります。

以前は、3日や5日で出来ていたように思いますが、今は下手をすると10日以上(営業日)はかかるようです。
疑問点が出てくると、その分だけ長くなるようです。
たとえば、「会社とうちの銀行の間に何件も他の銀行の支店があるのに、何でうちに来たんだろう」なんていう疑問をもたれると面倒らしいです。

困ったものですが、そういう時代なんでしょうか。

« 銀行からお金が借りられるということは、一種の信用なのか | トップページ | 芯なしトイレットペーパーって、最後まで使えないよね »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64047954

この記事へのトラックバック一覧です: 企業としての口座開設が少し大変になっているそうです:

« 銀行からお金が借りられるということは、一種の信用なのか | トップページ | 芯なしトイレットペーパーって、最後まで使えないよね »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ