« 季節ごとの販売促進 | トップページ | Windows update、配信中のようです »

2016/08/05

文具卸、減収減益傾向が強いですね

日経MJに掲載されていた「卸売業調査」。
やはり、当方は文具卸さんの動向に注目しています。

文具卸はOA機器や事務機などと一緒に計算されていますので、純粋な文房具としての卸ではありませんが、文房具を中心に取り扱っているだろう、

・エコールグループ
・クラウングループ
・大丸藤井
・妙高コーポレイション(旧三菱文具)

等を見るとやはり厳しそうです。

全体としては、4.4%の減少とのこと。大きく減っているところだとマイナス4%台のところもあります。
営業利益に至っては、50%台の減少(ただししっかり黒字です)のところもあります。

記事では、どうしても額の大きいOA機器関連に文章が寄りますが、実感として文房具の取り扱いは厳しい状況にあるように思います。
ただ、一方で、書店や雑貨店への文房具の進出はこれまでにないほど進んでいるようにも思うので、文具問屋さんが雑貨や書籍の問屋さんと競合しながら、頑張る姿を見たいとも思います。

ベンチャー文具メーカーの一翼を担っていると自負している当社にとって、問屋さんがしっかり商売していただくのはお願いしたいところです。
単なる流通のバッファというところを超えた価値を出していかないと、他の業界の問屋さんにも負けてしまう可能性だって十分にあります。

ましてや、Amazonをはじめとしたネット通販はその効率性からメーカーとの直取引を進めたり、メーカーそのものが直販を強化したりする傾向は今後も強まるでしょう。
小さな小売店さんのサポートをしっかりしながら、メーカーとの関係を維持し、最終顧客に欲しいものが届くような問屋さんを目指してもらえないかと希望するところです。

« 季節ごとの販売促進 | トップページ | Windows update、配信中のようです »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64005183

この記事へのトラックバック一覧です: 文具卸、減収減益傾向が強いですね:

« 季節ごとの販売促進 | トップページ | Windows update、配信中のようです »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ