« 今年の夏は熱帯夜が少ないように感じている | トップページ | 経営に適用するならアジャイルとウォーターフォール、どっち? »

2016/08/31

「あきない世傳 金と銀」という小説

普段、小説のことなど、ここには書かないわけですが、今後は少し書いてみようかと思います。
自社で原稿用紙を作り始めてから、小説を読み、その感想文を書くというのを少しだけやっております。
時々、「これは!」と思う小説に出会ったりするので、それを記録しておく意味でも書いてみようかと。

で、今回は「あきない世傳 金と銀」という高田郁さんが書いた小説です。
シリーズもので、現時点で2冊あります。

初めて手に取った「あきない世傳 金と銀 源流篇」を読み終わったときに、続きを読みたいなと思ったのを覚えています。

今は、2冊目の「あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇」を読んでいます。

人が成長していく-年齢としてではなく、人として成長していく様子-ということが素晴らしく、美しく、尊いものだということが端々に感じられます。そしてそれを支える周囲の人たちの心と行動。こういう社会、こういう生活環境に身をおける主人公は幸せです。

成長を実感するとき、人は満足感を得ると思います。
そして、次のステップに進む糧を得たり、動機付けを得たりするものではないかと思います。
そういったことが、この小説には入っている気がします。

さあ、この主人公、次はどういう成長を遂げるのか、楽しみです。

« 今年の夏は熱帯夜が少ないように感じている | トップページ | 経営に適用するならアジャイルとウォーターフォール、どっち? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/64112495

この記事へのトラックバック一覧です: 「あきない世傳 金と銀」という小説:

« 今年の夏は熱帯夜が少ないように感じている | トップページ | 経営に適用するならアジャイルとウォーターフォール、どっち? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ