« 古びたものをリニューアルするなら、できそう | トップページ | Nexus7の文鎮化の対処方法のひとつ »

2016/07/27

海外を意識せざるをえない状況に巻き込まれた

当社は思いっきり、ドメスティックな企業です。
自分から海外に進出したいなんて思ったことはないし、海外に関するコンサルテーションサービスもやってません。

が、海外をちょっとだけ意識せざるをえない状況に巻き込まれました。
台湾からのオファーです。

当社は文房具の企画販売もしておりますが、その中で飾り原稿用紙に対して、台湾からのオファーが舞い込んできました。

どうも、日本の文具を積極的に仕入れて販売しているお店のようです。
他の日本のメーカーのものもやっているようです。
大メーカーの製品ならいざ知らず、当社のようなところの文具をねえ。

グローバル社会と言われて久しいですが、どんな小さな企業でも海外との関わりは多少なりとも出てくるのかもしれません。

« 古びたものをリニューアルするなら、できそう | トップページ | Nexus7の文鎮化の対処方法のひとつ »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63963673

この記事へのトラックバック一覧です: 海外を意識せざるをえない状況に巻き込まれた:

« 古びたものをリニューアルするなら、できそう | トップページ | Nexus7の文鎮化の対処方法のひとつ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ