« Buy TOKYO 推進活動支援事業 | トップページ | 2日、休んだ、ブログの更新 »

2016/07/08

推薦入社という方法。MJの一面で見た。

いわゆるコネとはちがった推薦入社的な就活があるんですね。
ネットやIT化によって、応募が手軽になったことで、気軽に応募してしまう傾向も見られる就職活動。
ひずみがあるんでしょうね。

推薦入社という方法、確かにあるのかもしれませんね。


私が就職活動をしていたときは、大学からの推薦で行きましたけどね。
行った先の企業では、どんな仕事がしたいかとか、どういうスキルを持っているかなどを具体的にきかれましたね。
で、入社には前提がついていました。先方の指定する部門にはじめに配属されるという前提。

配属予約

といっていました。事前にその予約先の部門の方々に何人かお目にかかった記憶があります。安心して会社にいける気がしました。

しかし、結局、入社後、その部門には配属されませんでした。肩透かしでしたねぇ。
あそこから少しボタンが掛け違ったのかな笑

とはいえ、不安少なく、入社できたのはよかった気がします。
コネとかも悪い面だけでなく、よい面もあるかもしれませんよね。

« Buy TOKYO 推進活動支援事業 | トップページ | 2日、休んだ、ブログの更新 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63790975

この記事へのトラックバック一覧です: 推薦入社という方法。MJの一面で見た。:

« Buy TOKYO 推進活動支援事業 | トップページ | 2日、休んだ、ブログの更新 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ