« 逆張り戦略、いろいろあると思う。 | トップページ | 組合で動くという活動はだんだんとすたれているのか »

2016/06/29

ランディングページを長くすると、直帰率が下がるという神話

最近、あまりこうしたウェブ関係のことを書いていなかったので、久しぶりに。

ここ何回か、ウェブサイトの改善の話をしていると、その支援先から

「なんか、ページを長くすると、利用者の滞在時間が長くなると聞いているので、長くしたい」

という話が出てきます。
どこから聞いたのでしょうか。LPOを改善するという業者にでも吹き込まれたのでしょうか。

確かに、情報商材などではこうした傾向があるというのは事実だろうと思います。
また、こだわりに一品を販売しているようなお店も似たことがいえそうです。
でも、そうでない店は、、、

ランディングページを長くしようとすると、無駄な言葉を使ったり、やってもいないことを書いたりすることになったりとあまりほめられないことをすることになります。
本当にランディングページを長くするのが得策なのかは試してみる必要があります。

必ずこれで直帰率が下がるというのは神話だと思ってもらい、自身のウェブサイトに合致しているのかどうか、よく考えてもらうのが大切でしょうね。

« 逆張り戦略、いろいろあると思う。 | トップページ | 組合で動くという活動はだんだんとすたれているのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63804141

この記事へのトラックバック一覧です: ランディングページを長くすると、直帰率が下がるという神話:

« 逆張り戦略、いろいろあると思う。 | トップページ | 組合で動くという活動はだんだんとすたれているのか »

最近のトラックバック