« ターゲットを設定することで、店や商品が尖がるが、ターゲット顧客以外の人が来ることもある。 | トップページ | 多様な価値観があろうかと思うけど、手書きは手書きのよいところがある。 »

2016/04/30

誰かが倒れるリスクを中小企業は常に負っている。保険での担保では足りないもの。

私も中小零細企業の端くれです。
中小企業は常に、「誰かが倒れるリスク」を負っていると思います。
私もそうです。

先日、夜中に目が覚めました。腹痛です。
私は疲れがおなかに来るタイプでして、寝不足が祟ったりします。
夜中に腹痛が起きると、寝不足に拍車がかかったりします。

翌日は、研修講師のお仕事でしたので、非常にやばかったです。
なんとかかんとか、研修講師のお仕事はこなせました。
というか、始めてしまうと仕事に夢中になり、腹痛のことは忘れてしまうのです。

結果、また疲れがたまってしまうという悪循環(笑)


何が言いたいかというと、そういうリスクに対応する術はないのかもしれないということです。
発生そのものを防ぐ方が大切ということです。
発生したら、そのリスクを回避する方法がないのかもしれないです。

代わりの人がいないという状況が最も危険。
でも、代替手段がない。

ならば、発生確率を最小限にするしかないのかもしれません。

« ターゲットを設定することで、店や商品が尖がるが、ターゲット顧客以外の人が来ることもある。 | トップページ | 多様な価値観があろうかと思うけど、手書きは手書きのよいところがある。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63492453

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かが倒れるリスクを中小企業は常に負っている。保険での担保では足りないもの。:

« ターゲットを設定することで、店や商品が尖がるが、ターゲット顧客以外の人が来ることもある。 | トップページ | 多様な価値観があろうかと思うけど、手書きは手書きのよいところがある。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ