« 【閑暇休題】YMOは素晴らしい | トップページ | 社外活動を活発にしたいという人が27%いるんだそうです。何をされるのですか? »

2016/04/03

経営計画もスマホで作る時代になったねぇ。ということで、使ってみた。

中小機構が公開しているスマホで作る経営計画ソフト、「経営計画つくるくん」。

なお、以下は、スマートフォンのAndroid版です。

スマホにインストールして起動すると、

「メールアドレスを入れてね」といわれます。
これは仮のパスワードを発行するためのようです。
仮のパスワードをメールで受けた後、本パスワードを設定して使用開始です。

まず、屋号を聞かれます。
自分の屋号を入れましょう。


続いて、業種を聞かれます。
一覧から選ぶ方式です。


事業の特徴を聞かれますが、正直、困りました。
特徴って言われてもねぇ。
とりあえず、後で直すことにして適当に入れましょう。


次は売上と利益の入力を求められます。
ベスト5をあげろということです。
商品やサービス名とその概要金額を入力します。
「なんと!」ちゃんと売上や利益金額順に入力しないとしかられます笑


所在地と電話番号も聞かれますね。
代表者名と設立年、従業員数も聞かれます。
入力します。


おお、次は顧客の種類を聞かれたぞ。法人です。
主な顧客の業種か。複数選べるので沢山選ぶ。
さらに、顧客の従業員数か。これ、あとでなんか役に立つのか。
顧客の所在している地域ってなんか役に立つのか。
顧客に与えるメリットや魅力を教えろって?あの、これはチェックボックスで選ぶものでしょうか?


仕入の注力ポイント・・・ないな。
製造の注力ポイント・・・ないな。
販売の注力ポイント・・・これもなさそう。
アフターサービスの注力ポイント・・・これもない。


業界は成長しているか?現状維持かな。
業界では顧客は何を求めているんだろうか。


競合他社の数か。これ、役に立つ?診断士は沢山いますね。
競合他社の社名か。面倒なので飛ばす。
競合の戦略や企業規模も飛ばす。


自社の強みとか入れるのか。
ブランドイメージは普通。
自社の業況も現状維持かな。

画面右上のメニューを押すと自分がどこまで進んでいるかわかる。
あと3グループ分の作業が残っているのか。

この3年間の経営方針。
そうですね、事業ごとに違うけど、いつものビジョンを入力しておこう。
3年の売上目標と利益目標。
そして、事業領域。ドメインか。おっと、これはアンゾフの成長マトリクスだな。
商圏は拡大ですよ。


さあ、佳境に入ってきました。

ねらう市場や顧客は誰?
何を売って行くの?
どんな風に売って行くの?


これで完成か。
メールで送ってみよう。

エクセルのシートになってる。
あ、スマホでは見れないな。

パソコンで見てみた。
なるほど、こういう感じですか。
Officeのウィザードみたいなものですね。

飛ばしちゃったところは文章が変になっているな。


まあ、これをこのまま金融機関に出したりはもちろんできないわけですが、これを再編集して、ブラッシュアップすれば良いのではないかとも思います。

使ってみるのも一興です。

« 【閑暇休題】YMOは素晴らしい | トップページ | 社外活動を活発にしたいという人が27%いるんだそうです。何をされるのですか? »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63424133

この記事へのトラックバック一覧です: 経営計画もスマホで作る時代になったねぇ。ということで、使ってみた。:

« 【閑暇休題】YMOは素晴らしい | トップページ | 社外活動を活発にしたいという人が27%いるんだそうです。何をされるのですか? »

最近のトラックバック