« ららぽーと富士見にあるBOWLという店。本屋さんとの複合店で、雑貨文具も扱う。 | トップページ | あらためて、至誠を目指しています »

2016/04/09

定番商品やブーム的にぐっと売れるものが売り切れたときに喜んではいけない。

以前、N天堂が「売り切れてうれしい悲鳴です」のようなことをテレビで行っていたのを聞いたことがある。
そういう商品というのは、時々ある。
みんなが買うから、殺到して他の人も買う。

もちろん、売り切れたらありがたいことです。
それだけ評価されたということですからね。
しかし、そこには機会損失がありますよね。

機会損失は、その瞬間に商品がないことによって、売れたはずのものが売れないということをさしますが、実際はそれだけにとどまらないことも考えられます。

つまり、買おうと思ったのに無かったから、違うものを買った(類似品)。
結果、将来にわたって、その顧客を失うという可能性もあるわけです。
もちろん、まったく類似するものが無い独自品なら話は変わりますがね。

もし、自分の製品には代替品があると思ったら、この機会損失は避けたいですね。
一方で、在庫過多もよくないですから、この辺のバランスがビジネスの難しさです。

« ららぽーと富士見にあるBOWLという店。本屋さんとの複合店で、雑貨文具も扱う。 | トップページ | あらためて、至誠を目指しています »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63424324

この記事へのトラックバック一覧です: 定番商品やブーム的にぐっと売れるものが売り切れたときに喜んではいけない。:

« ららぽーと富士見にあるBOWLという店。本屋さんとの複合店で、雑貨文具も扱う。 | トップページ | あらためて、至誠を目指しています »

最近のトラックバック