« クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 | トップページ | 定番商品やブーム的にぐっと売れるものが売り切れたときに喜んではいけない。 »

2016/04/08

ららぽーと富士見にあるBOWLという店。本屋さんとの複合店で、雑貨文具も扱う。

ららぽーと富士見に、BOWLというお店がある。本屋さんとの複合店で、カフェ、雑貨、文具が並んでいる。

このお店は、丸の内にあるマルノウチリーディングスタイルと姉妹店である。
他に町田にも店舗があるとのことである。

最近、北海道のコーチャンフォーを初め、こうした複合文具店、書店が増えている気がする。
代官山の蔦屋書店などもこの業態といえる。

この業態は、客単価が高い。
一方で、回転率は少し低めになると思われる。

問題は集客だと思う。

ターゲットにあわせた商品ラインナップをしっかり企画しないと、集客に苦労するのではないだろうか。

蔦屋書店などのように個で出店する場合には、ターゲットを設定できるが、ららぽーとに入っていたりするとターゲットをうまく設定できない可能性もあったり、ショッピングセンターとの競合があったりと、難しいところがありそうだ。

ちょっと考えてみよ。

« クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 | トップページ | 定番商品やブーム的にぐっと売れるものが売り切れたときに喜んではいけない。 »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63361841

この記事へのトラックバック一覧です: ららぽーと富士見にあるBOWLという店。本屋さんとの複合店で、雑貨文具も扱う。:

« クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 | トップページ | 定番商品やブーム的にぐっと売れるものが売り切れたときに喜んではいけない。 »

最近のトラックバック