« 何か特徴を持たせた陳列や商品構成が目を引くかもしれません。 | トップページ | クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 »

2016/04/06

1社でできないなら、コラボレーションでできないか考えてみたい。

小さな会社ほど、リスクはとりにくい。
失敗したとき、命取りになるようなリスクは負いにくい。
何せ生活がかかっていることもあるので。

一方で、リスクをとらなければ、成長はない。
成長しなくてもいいといっていると、今の時代、相対的にどんどんと衰退することになる。
だから、維持のためにもリスクを少しでもとらないとだめだ。

でも、1社でやる勇気はない。
というときには、コラボしてみたらどうだろうか。
お互いでリスクを分配するということだ。

片方だけがリスクを負おうとすると、結局それはバランスが崩れてしまう。
リスクをたくさん負ったほうが成功したときにその果実をとればいいという考え方もあるので、一概には言えないものだが、半々とは言わないまでも、リスクは分散した方がいい。

ただ、相手が信頼できないとか、単にビジネスでの関係というときにはそうもいえない。
それはコラボじゃないと思う。
まあ、ちまたにあまたあるコラボはライセンスビジネスの延長であって、ここで書いている意味でのコラボではないな。

私がここに書いているコラボは、お互いに知恵を出し合い、お金も出し合い、新しいものをともに作り上げるというもののこと。
一緒にやってくれる人、待ってます笑

« 何か特徴を持たせた陳列や商品構成が目を引くかもしれません。 | トップページ | クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63361810

この記事へのトラックバック一覧です: 1社でできないなら、コラボレーションでできないか考えてみたい。:

« 何か特徴を持たせた陳列や商品構成が目を引くかもしれません。 | トップページ | クラウドソーシングを活用したフリーランスという働き方は、本当に成立するのか。 »

最近のトラックバック