« 食事を一緒にとることで、チームパフォーマンスが向上するという研究結果。 | トップページ | 文具系製品の出荷額が26年度の工業統計でプラスになりました。 »

2016/03/17

資金繰り表でわかる、事業の安泰さ、ヤバさ。書いてみた方が良いと思う。

先日、細々と事業を続けてきたが、ここできちんとやりなおしたいという方が相談にみえた。
現在の売上、費用などを聞き、さらに、今後の目標売上と追加でかかる費用を聞いた。
いわゆる運転である。

ここまで聞けば、とりあえず、月のキャッシュフローはわかる。

まとめてみると、毎月10万円程度の赤字になりそうだということがわかった。
これでは、事業ができませんね。

さらにいうと、目標売上にたどり着くまでは、もっと大きな赤字がでる計算になるわけです。
これを見えるようにしようとすると、資金繰り表が必要になってきます。

この方の場合で書いてみたら、最初の数ヶ月は大赤字で、次の数ヶ月もそれが解消されませんでした。

事業モデルを見直すか、販促、コスト削減などを考えるかです。
ここで、思いつきの新事業とかをやると、悪化するケースが多いので注意がいりますね。

« 食事を一緒にとることで、チームパフォーマンスが向上するという研究結果。 | トップページ | 文具系製品の出荷額が26年度の工業統計でプラスになりました。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63256035

この記事へのトラックバック一覧です: 資金繰り表でわかる、事業の安泰さ、ヤバさ。書いてみた方が良いと思う。:

« 食事を一緒にとることで、チームパフォーマンスが向上するという研究結果。 | トップページ | 文具系製品の出荷額が26年度の工業統計でプラスになりました。 »

最近のトラックバック