« 送料無料!ではなく、「送料弊社負担」という書き方と物流業界の疲弊 | トップページ | 読書の習慣はなかったのですが、だんだんと読書の習慣がついてきました »

2016/03/31

高級キットカットに学ぶ、付加価値と価格のバランス。

みなさんはもう、高級キットカット食べましたか?
私はまだです。誰か送ってください笑

キットカットといえば、赤いパッケージでおなじみです。
価格は100-200円程度のものですが、今はそれが1本300円以上する高級キットカットがあるそうです。

一時、受験生向けに「きっと勝つ」をもじっていましたが、それよりもこの価格はインパクト抜群です。

われわれ中小企業はここから何を学べば良いだろうかと考えたんですが、やはり付加価値と価格のバランスなのかなと。

どうしても値下げして対抗しようとするケースが見られますが、逆の発想。
付加価値を高めて価格も上げる。

キットカットがうまくやっているのは、三つの理由があると思います。

ひとつは、「ブランド」をきちんと維持していること。
まったく違うブランドで出しているのではなく、「キットカット」ブランドで出しています。
それの「高級版」なんだよということをしっかりと伝えています。

二つめは、ギフト需要を狙っていること。
付加価値をあげたものは、価格が高くなりますからどうしても「自分に買う」というのが難しくなります。

三つめは、付加価値をきちんと伝えていること。
なぜ高いのかの理由がきちんとしています。

参考にして自分も何か考えてみなければ。

« 送料無料!ではなく、「送料弊社負担」という書き方と物流業界の疲弊 | トップページ | 読書の習慣はなかったのですが、だんだんと読書の習慣がついてきました »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63330474

この記事へのトラックバック一覧です: 高級キットカットに学ぶ、付加価値と価格のバランス。:

« 送料無料!ではなく、「送料弊社負担」という書き方と物流業界の疲弊 | トップページ | 読書の習慣はなかったのですが、だんだんと読書の習慣がついてきました »

最近のトラックバック