« 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 | トップページ | ちょっとした疑問。英語が話せない英会話教師は信用できないが、英語教師はいいんじゃないか。 »

2016/03/22

中小企業でもできるだろうか、デパートがやっている友の会。

高島屋などがやっている「友の会」をご存知だろうか。
毎月一定額を積み立てると、1年後に1か月分がつみ増されて高島屋で買い物ができるというものだ。
約8%も値引きのような形になる。
一種の回数券ともいえる。

法的にはいわゆるプリペイド方式になると考えられるので、前払い査証というものになるだろう。
(法的な側面はなかなか難しいので弁護士に効かなくちゃ)

前払い査証だから、法的な側面から登録が必要だったりする(一定の条件を超えたとき)。
簡単に、明日からやるぞ!というわけにはいかないし、もらったお金はきちんと積み立てておくべきものでもある。
だから、気軽というわけにはいかない。

しかし、この方式、自社でやれば、まったくもってお客様を囲い込むことになる。
先ほどのケースだと、8%の割引をすることにはなるが、まあ、ポイントカードとかでやっているのと同じであろう。

イメージ的に「値引きをした」という感じではないので、個人的にはプリペイドカードのプレミアムの方が中小企業にはいい気がする。
顧客もプレミアム分、追加で買い物をしてくれる可能性があるというのもある。

さて、中小企業でどうやってやるか、考えてみたいな。

« 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 | トップページ | ちょっとした疑問。英語が話せない英会話教師は信用できないが、英語教師はいいんじゃないか。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63234121

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業でもできるだろうか、デパートがやっている友の会。:

« 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 | トップページ | ちょっとした疑問。英語が話せない英会話教師は信用できないが、英語教師はいいんじゃないか。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ