« 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 | トップページ | 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 »

2016/03/20

共同体としての活動が中小企業では重要であると思っているが、なかなか進まない。

ある文具共同体チェーンの話を新聞記事で読んだ。
利益が少なくなっている状況の中で、

販売単価の増加、原価の引き下げ

という二本立てでの対策が必要という話だが、これは当たり前といえばその通りである。
そのために何をするかが重要だろうと思う。

共同体であることによるメリットを享受する方法を考えた方がいい。
何か共通のものを取り出して、競争力とならないものは外部に出すとか(コスト削減)、販売促進活動を共同でやってコストを分担するとか、いろいろあるはずだ。

「あそこはいいけど、うちは損をする」

というような意識がある場合には、共同体としての動きは難しいだろう。利他の精神がないと、共同体はうまくいかないのではないか。

という、私も一生懸命、利他で行かなければならないな。

« 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 | トップページ | 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63233639

この記事へのトラックバック一覧です: 共同体としての活動が中小企業では重要であると思っているが、なかなか進まない。:

« 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 | トップページ | 商店街のホームページって、タイムリー性が重要だと思うのだが、なかなかできない。 »

最近のトラックバック