« 檀家も「顧客」の一種類なのではないだろうか。葬祭会社の新システムの話を見て思う。 | トップページ | 奇抜な商品と定番商品、どちらが売上や利益に貢献するかを考えてみる »

2016/03/02

仕入価格が上がったとき、どういう対応を取る?値上げは選択できないのか。

よく天候不順などで、野菜が高騰しているというような話が新聞やテレビをにぎわします。
スーパーマーケットの店長さんが出てきて、「いやー、たまりませんよ」とか言ったり、近所の奥さんが出てきて「こんなにキャベツが高いんじゃ、ロールキャベツは今日はあきらめね」とか言ったりしています。

一方、食料品でも加工品や洋服などはどうでしょうか。
今、中国などの人件費高騰で仕入れコストが上がっているらしいですね。

でも、仕入れコストが上がっても、洋服の値段はあまり上がってない。
チャンスはあると思うのです。値上げするチャンス。
季節が変われば、上げられる。でも上がってない。

もちろん、いろいろな会社との競争で簡単には上げられないというのが実際でしょう。
でも、それは本当でしょうか。
消費者は本当に値段だけで決めているのでしょうか。

わかりません。
でも、値上げは絶対にないと決めつけないで欲しいなとは思います。
商品の魅力と、価格にバランスがなければ安くしなければならないとは思いますが、そうでなければ値上げも検討材料になるのではないかと思うのは私が商売を知らないからでしょうか。

« 檀家も「顧客」の一種類なのではないだろうか。葬祭会社の新システムの話を見て思う。 | トップページ | 奇抜な商品と定番商品、どちらが売上や利益に貢献するかを考えてみる »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63211616

この記事へのトラックバック一覧です: 仕入価格が上がったとき、どういう対応を取る?値上げは選択できないのか。:

« 檀家も「顧客」の一種類なのではないだろうか。葬祭会社の新システムの話を見て思う。 | トップページ | 奇抜な商品と定番商品、どちらが売上や利益に貢献するかを考えてみる »

最近のトラックバック