« JMAMさんも、他メーカーもここに来てシステム手帳復活を狙っているのかも | トップページ | 高級キットカットに学ぶ、付加価値と価格のバランス。 »

2016/03/30

送料無料!ではなく、「送料弊社負担」という書き方と物流業界の疲弊

以前、診断士の友人と呑んだとき、「最近、送料無料って言わないでくれって、物流会社の人に言われたよ」という話をしていた。
確かに、物流業者はお金をもらっているわけだから、無料じゃないんですよね。
その物流業者さんいわく、「無料といわれると、ただで運んでいるように思われるじゃない?違うんだからね」とのこと。

送料無料と書くと、ネットの販売ではだいぶハードルが下がるのは間違いない。
結果、物流コストを価格に反映させることになるが、大きく反映すると売れなくなるので、怖い。
で、物流業者をたたく。

という流れですね。

消費者側の意識も変えないといけないですね。
送料は無料ではなく、商品に反映されているのだということを。

私のところは、送料は当社負担と書くようにしていますが、もしかしたらまだまだ修正漏れがあるかも。
あとは、普通に送料は実費に近い金額でお願いするようなことになっています。

送料、もう一度考え直そうかな。
物流業者さんが疲弊して行くのは、実際にはネットショップにとってとても困ることなんですから。
三方よしを目指したいです。

« JMAMさんも、他メーカーもここに来てシステム手帳復活を狙っているのかも | トップページ | 高級キットカットに学ぶ、付加価値と価格のバランス。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63297174

この記事へのトラックバック一覧です: 送料無料!ではなく、「送料弊社負担」という書き方と物流業界の疲弊:

« JMAMさんも、他メーカーもここに来てシステム手帳復活を狙っているのかも | トップページ | 高級キットカットに学ぶ、付加価値と価格のバランス。 »

最近のトラックバック