« 資金繰り表でわかる、事業の安泰さ、ヤバさ。書いてみた方が良いと思う。 | トップページ | 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 »

2016/03/18

文具系製品の出荷額が26年度の工業統計でプラスになりました。

というか、マイナスだったのか。文具業界って活況だと思っていたので、少し驚きました。
3年連続マイナスだったようですが、26年の工業統計では5.2%のプラスになったそうです。

ただ、詳しく見ると、その製品ごとにでこぼこはあるようです。
平均すると文具系ではプラスということのようです。
日用紙製品は7%近くも下がっています。
紙は使われなくなってきているということでしょうか。

事務用のほうは5%アップ。
一概に言えなそうです。

全体としては伸びているという感じではなさそうですが、まだまだ努力すれば、いける部分もあるということなのでしょうか。

« 資金繰り表でわかる、事業の安泰さ、ヤバさ。書いてみた方が良いと思う。 | トップページ | 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63233615

この記事へのトラックバック一覧です: 文具系製品の出荷額が26年度の工業統計でプラスになりました。:

« 資金繰り表でわかる、事業の安泰さ、ヤバさ。書いてみた方が良いと思う。 | トップページ | 文具の出荷額は9.2%増だそうです。なんと、鉛筆が好調とのこと。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ