« 補助金に頼らない若手農業者の「それが自分にとってプラス」という言葉にぐっと来た。 | トップページ | 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 »

2016/02/01

インターネットは私たちを馬鹿になるように仕向けているのか。それとも賢くなるように仕向けているのか。

なんでも検索できると私たちは思い込んでいます。
実際、インターネットにつながらない環境は今、日本で生活する中ではほとんどないといってもいいでしょう。
結果、実は何も覚えなくても生きていけたりするんじゃないかという錯覚に陥ったりします。
錯覚だと思いたい。

となると、実は私たちはインターネットによって、「馬鹿」になる方向へ導かれているようにも思えてきます。
困ったことです。

一方、ある大学の調査によると、インターネットを使えることで私たちは自分が「賢くなった」ように感じるのだそうです。
いわゆる「しったかぶり」です。
これには気をつけないといけないですね。

インターネットで調べること自体をすべて悪とは言いませんが、それを元に何を自分で産み出すのか、何を考えたのかが大事なように思います。

そうすることで、「馬鹿」ではなく、賢くしてもらっていけるんじゃないかと、インターネットに。

« 補助金に頼らない若手農業者の「それが自分にとってプラス」という言葉にぐっと来た。 | トップページ | 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63070418

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットは私たちを馬鹿になるように仕向けているのか。それとも賢くなるように仕向けているのか。:

« 補助金に頼らない若手農業者の「それが自分にとってプラス」という言葉にぐっと来た。 | トップページ | 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 »

最近のトラックバック