« 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 | トップページ | 自戒をこめて、何かを足すだけではなく、何かを省くという戦略的判断は必要だろう。 »

2016/02/03

景気は回復している基調にあるのか。12月の街角景気はDIが改善している。

街角景気のDI値がだいぶ改善したという新聞記事を読んだ。
百貨店と飲食関係の状況がよいとのことである。
実感はあるか?

12月は実際、暖冬の影響もあって、冬に儲かるべき業種がダメだというテレビニュースもあった。
一方で、小売業は暖冬だと人が出るため、状況が好転している可能性はある。
外食産業も同じ構図だろう。

この先、本格的な冬にどのくらい気温が下がり、いつごろから暖かくなるのかによって、また景況感も変わってくるだろうが、全体的には今のところ、やや上向きという感じだろうか。

« 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 | トップページ | 自戒をこめて、何かを足すだけではなく、何かを省くという戦略的判断は必要だろう。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63081857

この記事へのトラックバック一覧です: 景気は回復している基調にあるのか。12月の街角景気はDIが改善している。:

« 地図のゼンリンが文房具を発売したみたいです。地図をデザインに採用したのは言うまでもないです。 | トップページ | 自戒をこめて、何かを足すだけではなく、何かを省くという戦略的判断は必要だろう。 »

最近のトラックバック