« ソーシャルレンディング、周りではまだ聞きません。私が気づいてから3か月、まだまだか。 | トップページ | 飲食店の求人募集が21%も上昇したようです。景気の回復なのでしょうか。 »

2016/01/15

高齢者や母子家庭の母などを雇用する場合の助成金、特定求職者雇用開発助成金。

特定求職者雇用開発助成金という制度をご存知ですか。

上記リンクの厚生労働省のページによると、
「高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。 」
という制度です。

一つ例をとって、ちょっと計算してみましょう。

60歳以上の高齢者を短時間労働 週20時間で雇ったとしましょう。
東京都の最低賃金は、2016年1月1日現在 907円ですから、仮に1000円とします。
すると、週20,000円の賃金を支払うことになります。

6か月間、継続して雇用すると、48万円の賃金を支払うことになります。
このとき、助成金は20万円もらえることになります。
結果、28万円で高齢者を週20時間雇えることになります。

ただし、雇用期間が2年以上の長期であることが見込まれることが必要です。
結果、半年ごとの計算で、トータルでは、

28万円X2(半期)+48万円X2(半期)=152万円

を2年で支出することになります。

でも、その支出できちんとした人材を雇用できるなら、ありがたい話です。
社会保険労務士さんに仕事を代行してもらうにしても、2年でトータル200万円以下でやれそうです。
高齢者を活用することを考えているのなら、これはいい話ではないでしょうか。

« ソーシャルレンディング、周りではまだ聞きません。私が気づいてから3か月、まだまだか。 | トップページ | 飲食店の求人募集が21%も上昇したようです。景気の回復なのでしょうか。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/63012823

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者や母子家庭の母などを雇用する場合の助成金、特定求職者雇用開発助成金。:

« ソーシャルレンディング、周りではまだ聞きません。私が気づいてから3か月、まだまだか。 | トップページ | 飲食店の求人募集が21%も上昇したようです。景気の回復なのでしょうか。 »

最近のトラックバック