« 2016年初めにあたって、あらためて宣言します。私は販売代理店は行いません。 | トップページ | ファイルがだんだん重くなる。それは責任の重さが物理的に変化したものなのかも。 »

2016/01/03

日本の伝統工芸を中心に据えた、谷中にある雑貨店。谷中 和楽やは器好きにはたまらない店

Sp_20151225_130951_2東京都台東区の谷中にある雑貨店、「谷中 和楽や」。
こちらの写真は店頭に立つ店主の下田さん。
風貌がいかにも和雑貨を扱っていそうです笑

Sp_20151225_130843引き戸のガラス戸を開けて、中に入るとすぐ左手に涼しげな器たち。
私が行ったのは冬だったので、これを使ってそうめん、、、というわけにはいかなかったですけど、夏にキンキンに冷やした冷酒でも飲むのにはピッタリかもなぁと思われる和を感じる器。

Sp_20151225_130830そして、その隣には、かの有名な有田焼。
有田焼は、佐賀県有田で焼かれている磁器ですね。
青と白のコントラストが気持ちよいです。
有田焼は伊万里焼のグループに入る焼き物ですね。
歴史が古い焼き物です。

Sp_20151225_130813さらに、その奥には「古谷(ふるたに)製陶所」の焼き物。
味のある器が並んでいます。
POPに書いてある「日々の暮らしの中で一番大切な時間」をこれらの器と過ごせるのは気持ちがゆったりしそうです。
コーヒーやお茶もきっと一味違うでしょうね。

Sp_20151225_130853最後に、こちらは木の器。
「石川県山中漆器は木目を楽しむ」
という言葉通り、きれいな木目が目に優しい器です。
スプーンというより、まさに「匙(さじ)」という言葉がしっくりくる木のさじもおしゃれな感じです。
こういうので茶碗蒸しなんか食べてみたいものです。

さて、この谷中 和楽やさんは、ネットショップもやられています。

で、お店の最寄り駅は、難しいです笑
日暮里でもいいし、西日暮里でも大丈夫。千駄木からも歩けそうです。
日暮里あたりから、まあいちおう、谷中銀座あたりを通り抜けて、よみせ通りにぶつかったら右折。
よみせ通りも楽しみながら歩いて行ってみるのがよいのではないかと思います。

よみせ通りには他にもおもしろそうなお店がありますからね。
今度のお休みにぜひ、いらしてみてください。

« 2016年初めにあたって、あらためて宣言します。私は販売代理店は行いません。 | トップページ | ファイルがだんだん重くなる。それは責任の重さが物理的に変化したものなのかも。 »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62938258

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の伝統工芸を中心に据えた、谷中にある雑貨店。谷中 和楽やは器好きにはたまらない店:

« 2016年初めにあたって、あらためて宣言します。私は販売代理店は行いません。 | トップページ | ファイルがだんだん重くなる。それは責任の重さが物理的に変化したものなのかも。 »

最近のトラックバック