« 東京商工会議所の創業セミナーに登壇しました | トップページ | 謝罪だけが大切なのではない »

2015/12/05

ちょい飲み需要をねらって、がっつりになってきた

ファミリーレストランや牛丼屋などが、ちょい飲み需要をねらってうまくやっているのは承知している。
ただ、最近、そのちょい飲み需要狙いが少し変わってきた気がする。

がっつりになってきた感じがするのである。

ファミリーレストランでのちょい飲みといえば、せいぜい、

・ハウスワイン
・グラスビール(まあジョッキの人もいるだろうが)
・何種かのサワー

くらいだろう。

だが、最近は、ワインなんかもこだわりのものを入れたり、ビールの出し方にこだわったりしているらしい。
居酒屋ですか?

ちょい飲みではなく、こうした方向に行くと何が変わるだろうか。
ちょいではなくなっていく。。。

ほろ酔いで帰る人→結構飲んでしまう人
になる可能性はある。
すると、滞在時間が延びる。
結果、客単価は増える可能性があるが、それはつまみなどの内容に依存しそう。
回転率の減少によって、全体の売上が下がる可能性はないか。

飲んで騒ぐ人が出てくる可能性はないか。
あるとすれば、ファミリーが安心していくという場所ではなくなってくるかも。
結果、客層が変わってくる。

この辺のリスクは当然、検討されているのだろうから、私が心配することではないですね。

« 東京商工会議所の創業セミナーに登壇しました | トップページ | 謝罪だけが大切なのではない »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62759008

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい飲み需要をねらって、がっつりになってきた:

« 東京商工会議所の創業セミナーに登壇しました | トップページ | 謝罪だけが大切なのではない »

最近のトラックバック